目標を見据えた求人媒体の利用

どのような業種に属する会社でも一様に力を入れるべき業務のひとつは、優秀な人材を確保し育てることです。

なぜなら、グローバル化した今日の日本経済は、世界のどこかで生じる問題が発端となり、思わぬ事態に進展する危険を多く含んでいるからです。経済危機が生じた時に会社の根本を支えるのは、そこで働く社員ひとりひとりの力ということができます。

人材を集めるための採用活動は、まず求職者に向けて求人の広告を打ち出すことから始まります。この時に広告を掲載する助けになるのが求人媒体になりますが、その種類はさまざまなものがあります。

例えばハローワークや大学や専門学校の就職サポートデスクなど、利用料がかからないものや、求人情報誌やインターネットサイトなど有料のサービスが多く利用されています。経費の面を考えると、無料や安価にて利用できる求人媒体を選びがちですが、思うように人が集まらないということも生じ得ます。

そうなると労力や時間のロスになりますから、計画性を持って利用するサービスを選定することが重要です。まず社内で必要とする人材の特性や人数などを、正確に割り出すことから行います。

その結果に基づいて、求職者にアプローチしやすい求人媒体を探します。技術者や医療関係など、専門性の高いスキルを持った人材を必要としているなら、各分野に特化したインターネットの求人サイトは効果的です。また単調でも正確な作業を必要とする場合などは、主婦やシニアに向けた紙媒体も有効な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です