求人媒体の種類と特徴

求人媒体といっても一つではなく複数あり、またそれぞれに特徴があります。

その理由は仕事を探す人も様々な人がいて、その一つ一つに特化した媒体があるからです。 では求人媒体にはどのような種類があるのかというと、まずは新卒採用という媒体です。大手の求人メディアであれば大企業から中小企業まで掲載してるものもあります。ただ大手メディアに求人広告を出すと費用も高くなるので、採用人数が少ない中小企業の場合はかえって費用対効果が悪くなってしまいます。

また大手と同時期だと中小企業が目立たなくなるので時期を少しずらして掲載すると効果的です。 次に中途採用、転職です。即戦力を求めている場合はこの媒体を選ぶと良いです。一年中利用できるので便利で業種に特化したものもあります。 

女性に特化した求人というものもあります。ここでは事務職や営業アシスタントといったものの求人が多いです。企業側で短時間勤務希望の人を募集したいという場合はこれを利用すると良い人材と出会えます。他にもアルバイトやパート求人というものがあります。ここは主に学生や主婦、フリーターの人が利用しますので、非正規雇用の人材を探している企業や会社はこれを利用すると良いです。 

さらに業種別求人媒体というものも存在しています。分かりやすくいうと看護師や薬剤師、さらにはIT系のプログラマーなど専門系に特化したものです。ここでは新人採用よりも中途採用が重視されています。 まだまだあります。クラウドソーシング型のものもあり、これはインターネットを通じて不特定多数の人に一部の仕事を委託するというものです。

これを利用すると人件費や採用コストを低くする事が出来るというメリットもあります。 このように求人媒体といっても沢山種類はあるので自分に合ったものを選択すると希望の人材に出会える可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です