景気回復の実感と求人媒体の変化

長らく日本の景気は酷く低迷していました。

先進各国が大不況に陥りながらも、積極的な財政出動と金融緩和で景気回復を進めてきました。一方で日本は不景気の時代ながらも、緊縮財政政策を実施しました。その結果として失われた20年とも呼ばれる大不況に陥っていまい、企業や大学生は不景気の悪影響をまともに受けました。

それが最近ではアベノミクス効果でようやく不景気な時代が終わり、多くの企業で利益の回復が始まっています。企業の側も不景気な時代は緊縮を意識した企業経営が要求されますが、今日のように多くの日本企業が攻めの姿勢に転じている今、新規雇用を絞ったり、ベテランスタッフの中途採用を削る事は、むしろ組織の成長戦略としてマイナスに働きます。

特に失われた20年の間に新規採用を極端に絞った大企業程、実は社内スタッフの年齢構成が歪になっています。50代以上の社員が組織の大多数、これでは組織の安定的運営と技術の継承が難しくなります。新規スタッフを新しく雇用するためには、求人媒体にスタッフ募集の告知を出しましょう。

大手の求人媒体に広告を出せば、若手からベテランの方まで、幅広い人々の目に留まります。最近ではネットの求人媒体を選ばれる企業の採用担当者もいらっしゃいます。ネットだとコストも安価です。更によりフレキシブルな求人採用が可能であり、特定の時期に限り、ネットの求人媒体にスタッフ募集の告知が出せます。紙媒体よりもネットの方が今では合理的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です