有効な人材募集のために、求人媒体を選ぶ

求人媒体とは、求人をしている企業などから求職をしている人に、情報を伝達する手段をさします。

インターネット上の求人サイトや求人情報誌、新聞に入っている折り込みチラシ、ハローワークでおこなっている職業紹介などさまざまな形があります。企業が求人をする場合には、仕事内容や求める人材によって、有効な求人媒体を選択する必要があります。

正社員なのか、パートなどその他の働き方なのか、正社員なら新卒なのか中途採用なのかによって、最適な求人媒体は変わってきます。また、広範囲から人を募りたいのか、地域を絞っているのによっても違ってくるといえます。たとえば、新卒採用の場合は、新卒専門の就職サイトがあります。新卒系の就職サイトにはそれぞれ得意分野があったり、初めから特化した部門で展開しているものなどがあるので見極めが必要です。

ほかに大学の就職課や合同就職説明会・就職フェアなども求人媒体として利用することができます。また、アルバイトの募集には、アルバイト専門の求人サイトのほかに、フリーペーパーの求人情報誌や折り込みチラシが効果的です。フリーペーパーは若者層に、折り込みチラシは中高年層に見られやすい傾向があります。また、大学の学生課などで紹介をおこなっていることもあります。

媒体の種類によってかかる費用はさまざまですが、同じ媒体でも広告の大きさや頻度によって大きく違ってきます。大学での紹介や、ハローワークの職業紹介の掲載は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です